バレンタインチョコレート ホワイトデーの起源は?

ホワイトデーとは、バレンタインデーにチョコレートをもらった男性が、女性にお返しの意味を込めて贈り物をする日(3月14日)のことです。

どうして、3月14日がホワイトデーとなったのでしょうか?

実は、バレンタインが2月14日に定められたのと関係があるというのです。
 

西暦3世紀のローマでは、結婚禁止令が出されていました。

それでも隠れて結婚する男女がおり、バレンタイン神父はこうした男女を救っていたのです。

しかし、皇帝にこのことがバレてしまい、神父は処刑(2月14日)されてしまったのです。

詳しくは、こちらを参照!
 

1カ月後(3月14日)に、男女は永遠の愛を誓い合いました。

これが由来だと言われています。
 

1978年に、ホワイトデーは“キャンデーを贈る日”と全国飴菓子工業協同組合が定めました。

こうしたことから、ホワイトデーが3月14日になったのは、古事記や日本書紀から日本の飴製造の起源を拾ったという別の説もあります。

ただ、これは後付けではないかと言われています。
 

また、他の菓子業界もホワイトデーの贈り物としてマシュマロやクッキーなどを宣伝するようになりました。

今では、キャンデーやマシュマロ、クッキーが定番の贈り物となりました。

もちろん、これ以外にもいろいろなものが贈られています。
 

ホワイトデーは日本で生まれ、中国・韓国・台湾などの一部でも定着しています。

アメリカやヨーロッパではこういった習慣はありません。

ホワイトデー 起源 

バレンタインチョコレート ホワイトデーの名前の由来は?

全国飴菓子工業協同組合が、“ホワイト”は純潔のシンボルで、ティーンのさわやかな愛にぴったりという理由で、“ホワイトデー”と名付けたと言われています。

他にも、次のような説があります。

  • キャンディーの材料である砂糖が白いため。
  • マシュマロは白いため。