ホワイトデーには、男性がチョコレートのお返しに贈り物をします。

ホワイトデーの定番と言えば、マシュマロ、キャンディー、クッキーです。

基本的には、お返しで何を贈ってもよいものだと思っていました。

しかし、マシュマロ、キャンディー、クッキーをお返しとして贈った場合には、それぞれにまったく異なった意味があるというのです。

私は、このことをつい最近知りました。

まさか、何を贈るかで意味が異なっていたとは驚きです。
 

では、贈り物としてのマシュマロ、キャンディー、クッキーにはどのような意味があるのでしょうか?

マシュマロ

ホワイトデー マシュマロ
 

マシュマロには、「あなたのことが嫌い」という意味があるといいます。

マシュマロと言えば、ホワイトデーのもっとも定番とも言える贈り物です。

そのマシュマロに、まさかそのような意味があろうとは。

私は、過去に何度もマシュマロを贈ったことがあります。

その女性のことが嫌いなわけではありません。

知らなかったとは言え、その女性を傷つけていたかもしれません。

知らいないことほど怖いことはありませんね。

ただ、マシュマロを贈ることにはよい意味が含まれている場合もあって、必ずしも嫌いという意味だけではないようです。

実際のところ、どうなのかはわかりません。
 

キャンディー

ホワイトデー キャンディー
 

キャンディーには、「あなたのことが好き」という意味があるといいます。

キャンディーをお返しに選ぶ男性は少なそうですが。

キャンディー業界が勝手に決めたのではと思ったりしないでもありません。

もしこれが本当なら、好きな女性へのお返しはキャンディーということになりますね。

ただ、女性が喜んでくれるかはわかりません。
 

クッキー

ホワイトデー クッキー
 

クッキーには、「あなたのことは友達」という意味があるといいます。

義理チョコをもらった場合、友達ならクッキーで返すのがよいのでしょうか?

それとも、お互いに友達と認め合えるほどの関係でないと贈れないのでしょうか?
 

深く考える必要はありません。

基本的には、お返ししようという気持ちさえあれば、どのようなものを贈ってもよいと思います。

女性が喜んでくれると思って選んだのなら、それでよいでしょう。
 

義理チョコをもらった場合は、食べ物や消耗品など、残らないものの方がよいと言われています。

それさえ、気を付ければよいと思います。