ホワイトデーのお返しの相場についてご紹介しています。

バレンタインデーにチョコレートをもらえば、ホワイトデーにお返しをするのが常識となっています。

男性の大きな悩みとなっているのが、どれくらいの金額のものをお返しすればよいのかということです。

せっかくお返しをしたのに、女性からドン引きされたくありませんからね。
 

本命の彼女へのお返し義理チョコへのお返しの2つに分けて説明したいと思います。

はじめに、本命の彼女へのお返しです。

好きな彼女へのお返しなら、ちょっと頑張って高価なお返しをしたいと思う男性は多いでしょう。

付き合っている彼女なら、なおさらです。
 

付き合いの程度や、これまでに行ってきたプレゼントの額などによっても変わってくるかもしれませんが、同額~2倍ぐらいの金額のものが最適です。

あまりにも高額すぎても、彼女にドン引きされてしまう恐れがあります。

誕生日プレゼントなら、多少高額になってもまだ理解してもらえるかもしれませんが。

さらに、来年はもっと高価なチョコレートをあげた方がよいのではと、逆に彼女に気を遣わせてしまいます。

このような思いを彼女にはさせたくはないと思います。

そう考えると、同額~2倍ぐらいにしておくのがよいです。
 

逆に、安すぎるのは絶対にダメです。

金額だけで判断しているわけではありませんが、彼女に自分はこれぐらいしか愛されていないのではと考えさせ、不安にさせてしまうためです。

最悪、ケチと思われてしまうかもしれません。

これだけは避けなければなりません。

ホワイトデー お返し 相場  


一方、義理チョコへのお返しの場合はどうなのでしょうか?

もちろん、義理チョコであっても、必ずお返しをするのがマナーです。

お返しはいらないと言われていても、やっておいた方が無難です。

義理チョコへのお返しは、同額程度のものを考えるとよいです。
 

職場で、女性社員から男性社員全員に対して、チョコレートの詰め合わせをもらうというようなこともあります。

いくらぐらいのものをもらったのか判断しにくいです。

仮に計算できても、200~300円ぐらいということもあり得ます。

しかし、このような金額でお返しをするのは非常に難しいです。

買えるものがあまりありません。

このような場合は、500~1,000円ほど(もちろん、同額以上であることが条件)のお返しをすればよいです。
 

ここまでの話は、あくまで目安です。

金額よりも、どのようなものをお返しするのかの方が大切です。