バレンタインチョコレート バレンタインデーの由来

バレンタイン・デーの“バレンタイン”は、実は人の名前なのです。

どうして、2月14日がバレンタイン・デーと呼ばれるようになったのでしょうか?

その由来とは?

バレンタインとは、どのような人だったのでしょうか?
 

西暦3世紀のローマは、皇帝クラウディウス二世の時代を迎えていました。

当時は、戦争が頻繁に繰り広げられていました。
 

クラウディウスは、もっと若者を戦争へ行かせたかったのですが、肝心の若者は戦争へ行くのを嫌がりました。

家族や恋人などと離れたくないのが戦争へ行きたがらない原因だと思ったクラウディウスは、何と結婚を禁止してしまったのです。
 

しかし、キリスト教の司祭であったバレンティヌス(バレンタイン)は、気の毒に思い、内緒で若者を結婚させていました。

このことが皇帝にバレてしまったのです。

皇帝は、バレンティヌスに罪を認めさせようとしましたが、バレンティヌスは認めず、西暦269年2月14日(他説あり)に処刑されてしまいました。

このことがきっかけで、2月14日が「バレンタインデー」と呼ばれるようになりました。

バレンタインチョコレート バレンタインデーはどのようにして始まった?

では、どうしてバレンタイン・デーという日が設けられるようになったのでしょうか?

ローマでは、ルペルカーリアという祭が長きに渡って行われていました。

毎年2月14日に男性が若い未婚女性の名前が書かれた紙を引いて、その祭りの間紙に書かれた女性と付き合っていました。

次の年の2月14日にも、同じように紙を引きます。

そんな中、496年に当時の教皇ゲラシウス一世がこの祭りを廃止しました。

風紀の乱れを正したかったためです。
 

以降は、女性ではなく、聖人の名前を書いた紙を引き、その聖人にならった生き方をするようになりました。

そして、聖バレンティヌスがこの新しい行事の守護聖人となったのです。

その後、この日に恋人同士が贈り物をおくったり、カードを交換するようになりました。

こう言ったことから、バレンタインデーは“聖バレンタインの日“と呼ばれるようになったのです。

バレンタインデー

バレンタインチョコレート バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣の発祥は日本?

バレンタインデーにチョコレートを贈るようになったのは、チョコレートメーカーの戦略だというような話を聞いたことがあります。

チョコレートが今まで以上に売れますからね。

神戸モロゾフ洋菓子店が、初めて「バレンタインチョコ」という言葉を使って広告を出しました。
 

ここまでは、割と知られています。

では、バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣の発祥は日本ではなかったと言えば、どうでしょうか?

おそらくたくさんの人が驚かれると思います。

実は、チョコレートを贈るようになったのはイギリスが発祥だと言います。

イギリスのキャドバリー社というチョコレート会社が、ギフト用のチョコレートを作ったのが最初のようです。

これが、広まっていったのです。

バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣は、日本人特有のものではなかったのです。

バレンタインチョコレート 日本と外国のバレンタインデーの違いは?

女性から好きな男性へチョコレートを贈るのは、日本独自の文化です。

外国では、チョコレートの代わりに、メッセージカードなどが贈られます。

しかも、女性から男性にだけではなく、男性から女性へということもあります。

さすがに、義理チョコを贈るのは日本だけの習慣です。