チョコレートを食べ過ぎると鼻血が理由についてご紹介しています。

小さい頃、親に“チョコレートをたくさん食べると鼻血が出るよ”とよく言われました。

多くの人が、このように育ったのではないでしょうか?

鼻血  


では、どうしてチョコレートを食べ過ぎると鼻血が出るのでしょうか?

それは、チョコレートには血圧を上昇させる作用のある砂糖カフェインなどが含まれているためです。

それらによって、血管が収縮させられ、血圧が上昇するのです。

そして、血圧が上昇したことで鼻血が出るというのです。
 

しかし、チョコレートと鼻血との間には医学的な根拠はないとの見方があります。

つまり、鼻血はチョコレートを食べたから出たとまでは言い切れないのです。

鼻内部の粘膜の状況や体調など、いろいろな条件が揃わないと鼻血は出ないということのようです。
 

他に、昔はチョコレートが高価なものだったので、親が子供にあまり食べさせないために、そのように言い聞かせたのではという説もあります。

また、甘いものの食べ過ぎは体調不良や虫歯、肥満などの原因となるので、子供にたくさん食べさせないように言い聞かせたのではという説もあります。
 

どれが正しいのかはわかりません。

ただ、1つ言えることは、チョコレートを食べ過ぎない方がよいということです。

これだけは間違いありません。