チョコレートを食べ過ぎると、どうなるのでしょうか?

普通に考えると、太ってしまいます。

最悪、糖尿病になる可能性もあります。
 

チョコレートを食べ過ぎると太るのは、砂糖がたっぷり入っているためです。

必要以上に、糖分脂肪分を摂ってしまうと危険です。
 

しかし、チョコレートを食べたからと言って、必ず太るわけではありません。

チョコレートダイエットというものがあるぐらいです。

これは、どのようなダイエットなのでしょうか?
 

チョコレートには、血糖値を上昇させる効果があります。

この効果を利用して、満腹中枢を刺激し、食欲を抑えるのです。

そうすることで、食べ過ぎを防ぎ、結果的に痩せることができます。

ただ、こうした効果を引き出すためには、チョコレートの食べ方に注意しなければなりません。

チョコレートダイエット 太る 糖尿病  


まず、食べるチョコレートについてです。

甘いチョコレートにはたくさんの砂糖が含まれており、ダイエットには不向きです。

そのため、チョコレートはカカオが70%以上のものを食べます。

ただ、好きな時に好きなだけ食べていたのでは、痩せるどころか、逆に太ってしまいます。

当然、いろいろな制約があります。
 

1日に食べるチョコレートの量は、板チョコレートの半分程度(約50g)です。

これ以上食べてしまってはダイエットになりません。

朝昼晩のご飯を食べる20分ほど前に、ゆっくりとチョコレートを食べます。

そうすることで、満腹中枢が刺激され、食欲が抑えられます。

食事の直前に食べても意味がありませんので、注意が必要です。

午後3時前後に食べるのも効果があると言われています
 

チョコレートダイエットは決められたとおりにやらないと、効果が出るどころか、肥満になってしまう恐れがあります。

無理をしない程度に、やってみればよいと思います。