チョコレートの食べ過ぎは太る原因になると言われます。

これは、チョコレートのカロリーが高いためです。
 

では、チョコレートを食べ過ぎると、ニキビ(肌荒れ)の原因になるというのは本当なのでしょうか?

チョコレートの食べ過ぎは、ニキビの原因になるという話をよく耳にしました。

そのため、ずっと本当だと思ってきました。

このことに何の疑いも持っていませんでした。
 

しかし、ネットでいろいろと調べてみると、意見が真っ二つに分かれていることを知りました。

実際のところ、チョコレートの食べ過ぎとニキビとの間には、何か因果関係があるのでしょうか?

結論は、あるともないとも言えないというまさかの結果でした。

ニキビ チョコレート  


どうしてなのか、その理由を説明します。

まず、チョコレートを食べ過ぎるとニキビができるという意見ですが、実はチョコレートに含まれる糖分がニキビの原因になるのです。

チョコレートの原料であるカカオには、それほど多くは含まれていません。

しかし、甘みを増すために加えられる砂糖がマズいのです。

砂糖には、ニキビの原因となる糖分がたっぷり入っています。

このようなことから、チョコレートを食べ過ぎるとニキビができるという意見は正しいと言えます。

ただし、糖分の摂り過ぎがいけないのですから、糖分が入っていないチョコレートを食べれば、ニキビの原因となることはありません。
 

また、脂肪分の摂り過ぎもニキビの原因となります。

カカオには、脂肪分がたくさん含まれています。

それなら、チョコレートの食べ過ぎは、ニキビの原因となると言えるのではと思ってしまいます。

しかし、カカオに含まれる脂肪分はニキビの原因とはならない、という研究結果があります。

詳しいことはわかりませんが、チョコレートに含まれる脂肪分は問題ないということです。
 

ここまでのまとめです。

チョコレートの食べ過ぎは、必ずしもニキビの原因とはなりません。

糖分が入っていないチョコレートを食べれば問題ないためです。

ニキビが心配な人は、糖分が入っていないチョコレートを食べるようにしましょう。