カフェイン入りの食品と聞けば、コーヒーを思い浮かべる人が多いと思います。

お茶にも含まれていますね。
 

実は、チョコレートにも一定量のカフェインが含まれています。

しかし、コーヒーやお茶ほどはたくさん含まれていません。

そのため、興奮作用や利尿作用はほとんどありません。
 

チョコレートには、たくさんの種類があります。

高級チョコレートやコンビニに売っている板チョコレートなど。

種類によって、含まれているカフェインの量がぜんぜん違います。
 

カフェインは、原料のカカオに含まれています。

そのため、カフェインの含有量は使われているカカオの量で決まります。

そうは言っても、あまりにも漠然としていてわかりにくいです。

具体的にみていきましょう。

明治のチョコレートに含まれるカフェインの量は?

チョコレートに含まれるカフェインの含有量を見ていきます。

チョコレートメーカーの明治は、HPで自社のチョコレートに含まれるカフェインの含有量を掲載しています。
 

それによると、次のとおりです。

レギュラーコーヒー1杯(150ml)には、カフェインが約90mg含まれています。

明治ミルクチョコレート1枚(50g)には、レギュラーコーヒー1杯(150ml)の約1/6しかカフェインが含まれていません。

思った以上に少ないですね。

板チョコレート
 

カフェインの摂り過ぎは、体によくないと言われています。

では、妊娠中の女性はチョコレートを食べてもよいのでしょうか?

ここからは、妊娠中の女性とチョコレートとの関係について説明します。

妊娠中の女性は、チョコレートに含まれるカフェインを摂っても大丈夫なの?

妊婦はチョコレートを食べない方がよいと、ずっと言われてきました。

それは、チョコレートに含まれるカフェインが、妊婦や胎児に悪影響を及ぼすと考えられてきたためです。

しかも、チョコレートを食べ過ぎると、脂肪と糖分の過剰摂取につながり、妊婦の体にはよくありません。

妊婦
 

では、本当に妊婦はチョコレートを食べてはいけないのでしょうか?

もちろん食べ過ぎはいけませんが、実は一定量までは食べてもよいといいます。

チョコレートを食べることによって生じる、メリットがあることがわかったというのです。

メリットとは、どのようなものなのでしょうか?

妊娠高血圧症候群の予防効果

妊娠中は、高血圧に注意しなければならないと言われています。

それが、妊娠高血圧症候群という病気です。

妊娠中にビターチョコレートを食べると、妊娠高血圧症候群のリスクが軽減されるという報告結果があります。

ただ、どのようなチョコレートでもよいわけではなく、ビターチョコレートに限るそうです。

したがって、食べるならビターチョコレートということになります。

高血圧

食べ過ぎを抑える効果

チョコレートを食べると、血糖値が少しずつ上がっていきます。

食べ過ぎると、肥満の原因となってしまいます。

しかし、少量なら、満腹中枢が刺激され、食欲を抑える効果が見込まれます。

食前に食べるとよいです。

食べ過ぎ

便秘を解消する効果

チョコレートには、便秘を解消する効果があります。

ちょっと意外ですね。

原料であるカカオ豆には、たくさんの食物繊維が含まれています。

そのため、チョコレートにも食物繊維含まれ、それにより便秘に効果があるというのです。

また、便秘解消の効果があるタンニンやポリフェノールなどの成分も含まれています。

便秘
 

ここまでは、チョコレートのメリットを説明してきました。

しかし、デメリットがあることも理解しなければなりません。

先ほども述べましたが、チョコレートを食べ過ぎると、脂肪と糖分の過剰摂取となってしまいます。

妊娠糖尿病肥満の原因になります。

また、カフェインの摂り過ぎもよくありません。

カフェインを摂り過ぎると、血流が悪くなって、胎児へ十分な酸素を送ることができなくなる恐れがあります。
 

チョコレートに含まれるカフェインの量は、カカオの含有量に比例します。

そのため、妊婦がカフェインが多く含まれるカカオ濃度の高いチョコレートを摂り過ぎることはよくありません。

できるだけカカオ含有量の低いチョコレートを食べるとよいです。

どちらにしても、食べ過ぎには注意が必要です。

心配なら、医師に相談するとよいです。